1. トップ
  2. 学科
  3. 動物看護学科

動物看護学科【2年課程】動物に元気を、飼い主さんに安心を!

獣医師のパートナー&飼い主さんの
相談相手として信頼される
確かな技術・知識と責任感を養います。

道内初!
日本小動物獣医師会認定校

日本小動物獣医師会はペット医療の適正化を目的に活動しており、全国の動物病院開業医の9割が加入。
本校は同会から教育水準が認められた道内初の専門学校です。

目指す職業
  1. 認定動物看護師
  2. 愛玩動物看護師
  3. トリマー
  4. ペットショップスタッフ 他

業界直結

学びの特徴

各分野の基礎を学び、
「何でも相談できるプロ」へ

基礎分野
(各学科共通)
  • トリミング学
  • 動物栄養学
  • 動物飼養管理学
  • 動物看護学
  • ビジネスマナー学
  • ペットマッサージ

各分野の基礎を総合的に学ぶことにより、
活躍の幅が広がります。

幅広い仕事を担当できる
動物看護師を目指す
カリキュラム

トリミング資格も取得!

認定動物看護師資格

ジュニアトリマー
ライセンス

1,650時間のコアカリキュラム+450時間のトリミング実習(週2回)

現役獣医師が指導

実習室には実際の手術室と同じ機器や設備を完備。授業の多くを現役の獣医師・動物看護師が担当し、リアルな動物看護にふれられます。

全員がトリマー資格を取得

動物病院では入院中のケアや治療のために毛のカットが必要。これに対応したトリミング技術を学びます。

pick up

カリキュラム

動物看護実習(外科)

現場と同じ最新の設備で学ぶ

ワンちゃんが幸せに暮らせるよう、犬の性格や行動を知り、正しいしつけの方法と、飼い主さんに伝える際のポイントを学びます。

栄養学

栄養管理や指導も大切な仕事

ペットの健康に必要な栄養素を学習。ペットフード作りを通じてカロリー・糖分・塩分などへの理解を深めます。

動物臨床検査学実習

正しい診断のために適切な検査を

動物病院で行われている血液検査・尿検査などの目的を理解した上で、実際の検査器具を使って実践的に手法を学びます。

学外看護実習

実際の動物病院を体験

授業の一環として動物病院で、医療の現場を体験。さまざまな状況に対応できる看護知識を身につけます。

トリミング実習

動物の体調に合わせたトリミング

シャンプー・カットの基礎技術を身につけます。動物看護師+病院トリマーとして活躍する道もあります。

取得可能資格

1年次
  1. 愛玩動物飼養管理士2級
2年次
  1. 愛玩動物飼養管理士1級
  2. ジュニアトリマーライセンス

動物看護師統一認定機構
認定動物看護師動物看護師が国家資格化!
愛玩動物看護師へ
(2023年度より)
対策コース(1年課程)を
2021年度より新設

2019年3月卒業生合格率100%

voice

在校生メッセージ

先生は学生一人ひとりに
親身に向き合ってくれます

動物看護学科
阿部 結菜さん 札幌西陵高校出身

本校は先生が優しい! 悩みや困っていることがあると「どうしたの?」とすぐに気づいてくださるので、何でも相談しやすいです。もちろん現場経験が豊富なので、教われる内容も実践的。知識を蓄えたことで、愛犬のささいな体調の変化にも気づけるようになりました。トリミングも自分でしてあげています。

ボランティア活動など幅広く
動物の助けになりたい

動物看護学科
太田 若菜さん 富良野高校出身

人と違う生き物でも体のつくりなどで共通点があると知ると、動物により愛着が湧いて、勉強が面白く感じます。先生たちからは、いのちの大切さも教えていただいています。その学びを生かして、将来は動物病院での仕事だけでなく、動物保護などのボランティア活動にも参加してみたいです。

現場の最前線を学べる
恵まれた環境です

動物看護学科
佐藤 百華さん 興部高校出身

中学の職場体験で、飼い主様が喜んでいる姿を見て、私も一匹でも多くの動物を助けられる動物看護師になりたいと思いました。本校は有名な動物病院で活躍している先生がいて、実際の手術で助手を務める授業もあり、高い技術が身につく手応えがあります。現場実習で生かせるよう復習もしっかり頑張っています。

voice

先生メッセージ

トリマーやしつけ、接客も
身につけて、「本当の動物のプロ」を目指しましょう。

西山 祥子先生
動物看護学科

現場では動物看護師にもトリマーやしつけの知識が求められます。すべての分野の知識を身につけていくほどに飼い主様からの信頼も高まる。その奥深さが動物業界の面白いところです。この学校はそうした知識に加えて、社会人として必要になる挨拶など、どこに就職しても困らないコミュニケーションスキルもしっかり学べます。動物はもちろん、その背後にいる飼い主様ともより良い関係を築ける「本当の動物のプロ」を一緒に目指しましょう。