動物福祉学科

動物福祉学科

動物福祉学科

Special

札幌どうぶつ専門学校 だからできること

動物適正飼養+セラピードッグ育成で動物福祉に貢献

動物適正飼養+セラピードッグ育成で動物福祉に貢献

人の医療・福祉の現場で活躍する セラピードッグを育てるハンドラーに

「動物福祉」とは動物にとっての「しあわせ」「ゆたかさ」「幸福」を意味する言葉です。 単に動物を情緒的に愛するだけではなく、動物の習性や生態への理解を深め適正飼養を学び、伝えることができる「動物福祉コーディネーター」を目指します。 また、動物適正飼養を学ぶ=動物福祉を考える本学科では障がいのある方または高齢者施設など多くの医療現場で活躍する「セラピードッグハンドラー」を育成しています。

only onepoint

国際セラピードッグ協会代表が直接指導!

国際セラピードッグ協会代表が直接指導!

本校は日本で唯一の「国際セラピードッグ協会認定校」。協会の代表でセラピードッグ訓練カリキュラムの考案者である大木トオル先生から直接指導を受けられるのは本校ならではのメリットです。

Feature

学びの特徴

各分野の基礎を学び、 「何でも相談できるプロ」へ

学びの特徴

学びの特徴

基礎分野

基礎分野

各分野の基礎を総合的に学ぶことにより、
活躍の幅が広がります。

動物福祉に役立つ幅広いカリキュラム

たくさんの犬種にふれながら 訓練やしつけの方法を学ぶ

たくさんの犬種にふれながら訓練やしつけの方法を学ぶ

現役ベテランドッグトレーナーが実技指導。犬の個性を把握しながら適切な方法でしつけができる力を身につけます。一般向けのしつけ教室を開催し、飼い主さまとのコミュニケーション力を身につけます。

動物看護学を学ぶ

動物看護学を学ぶ

動物福祉コーディネーターとして動物の健康状態について基本的な知識を学び、飼い主さまにアドバイスできる看護の知識を身につけます。

取得可能資格

1年次
・愛玩動物飼養管理士2級 ・介護職員初任者研修

2年次
・動物福祉コーディネーター ・ジュニアトリマーライセンス ・愛玩動物飼養管理士1級 ・TCM Tui Na massage level 1 ・(一財)国際セラピードッグ協会認定ジュニアハンドラー

目指す職業

・セラピードッグハンドラー ・ドッグトレーナー ・ペットショップスタッフ ・トリマー ・ペットシッター 介護福祉施設職員 他

Curriculum

カリキュラム

しつけを中心に、ペットが社会でより愛される存在となるために 必要な技術・知識・コミュニケーション力を身につけます

動物介在・ ボランティア活動

セラピードッグと施設で実践

育成したセラピードッグ達とともに高齢者施設や児童施設を訪問するための企画・運営を実際に行う授業です。

セラピードッグと施設で実践

家庭犬適正飼養実習

しつけの技術と指導法を育成

ワンちゃんが幸せに暮らせるよう、犬の性格や行動を知り、正しいしつけの方法と、飼い主さまに伝える際のポイントを学びます。

しつけの技術と指導法を育成

トリミング実習

就職先や仕事の幅を広げる

ペットショップ・ペットホテル・訓練所などさまざまな職場で使えるシャンプー・カットの基礎技術を学びます。

就職先や仕事の幅を広げる

セラピー犬 ハンドラー育成実習

しつけを医療・福祉に応用

人の身体的・精神的ケアに役立つセラピードッグの訓練方法を学び、介護福祉施設などで実践します。

しつけを医療・福祉に応用

介護職員初任者研修

介護職の専門資格を取得

福祉施設などで動物介在活動を行う上で必要な高齢者・障がい者のサポート方法を学び、資格を取得します。

介護職の専門資格を取得

Student message

在校生メッセージ

N.Mさん

Q. いろいろな動物系専門学校がある中で、札幌どうぶつを選んだ理由をお教えください

A. 9歳のころから犬を飼い続け、その「かわいい」のためにどれだけ出来ることがあるかを考えてきました。そして動物業界に関連する知識や、多岐にわたる資格取得が可能なところがこの学校の魅力です。

A.Mさん

Q. 動物に関わる業界に進もうと思った理由はなんですか?

A. 幼いころから犬が好きということが1番の理由です。進路選択中に愛情を注がれて暮らす犬がいる一方、そうでない犬が日本中にいることを知り、1匹でも多くの犬を幸せに導きたいと思いました。

M.Sさん

Q. いろいろな動物系専門学校がある中で、札幌どうぶつを選んだ理由をお教えください

A. 全国で唯一国際セラピードッグ協会認定校だったからです。動物によってたくさんの人を支えることが出来ると知り、人と動物どちらも幸せになれる分野の授業を受けたいと思いました。

Teacher message

先生メッセージ

名取 裕憲

動物と人が楽しく暮らせる社会を 一緒に発展させましょう!

名取 裕憲先生

ペットは手をかけた分、しっかり癒しとして戻してくれます。私は盲導犬候補の犬と暮らすパピーウォーカーを約30年間続けていて、犬の素晴らしさを今も体感しています。ドッグトレーナーはそんな好きな動物と関わることでお金がもらえ、自立できる夢のある仕事です。皆さんにも、ペットを必要としているより多くの飼い主さんに適正飼育を伝え、トラブルを改善していくことで、動物と人間が楽しく共生できる社会を発展させてほしいです。